ユニフォームの人気ランキングBEST5

第1位 ロンヨンジャパン

  • ユニフォームの作成実績が10,000チーム以上

  • シミュレーターで理想のユニフォームを作成

  • ユニフォームの見積もりとデザイン作成まで無料

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ロンヨンジャパンに対するみんなの口コミ

サッカーユニフォームのオーダーはデザイン決定までに時間がかかるのですが、担当の方のレスが早くスムーズにデザイン決定まで進...
知り合いにサッカーユニフォームのおすすめのサイトを聞き、早速注文しました。対応が早く、ストレスなく進んだのが印象的です。...
ユニフォームを新しくしたくてお願いしましたが、デザイナーの方の提案がとても助かりました。チーム全員の要望を聞くときりがな...

フットサルとサッカーのユニフォームなら

電話やFAXでイメージを伝えれば、担当の方を通してデザイナーが希望通りのユニフォームをデザインしてくれます。また、サンプルの無料貸し出しやデザイン修正などのサービスも充実しています。

第2位 V-ELEVEN

  • 熟練の職人がつくる、サッカーユニフォームです

  • 格安でお手軽にサッカーユニフォームを作成できます

  • ずっと同じユニフォームを着たいならここで注文しましょう

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

V-ELEVENに対するみんなの口コミ

子どもたちにという想いで、シュミレーションを使ってみました。見積もりを出したら、安くつくれてびっくりです。問い合わせした...
サンプルの貸し出しがあったので、そちらを借りてからこちらでの注文を決めました。お揃いのソックスもついでに注文することにし...
V-ELEVENはデザインを永久保存できるということで、こちらに決めました。以前に別のメーカーでまったく同じものを注文で...

セミオーダーかフルオーダーか選べます

V-ELEVENではコスト削減を考えているならセミオーダーを、デザインにとことんこだわるならフルオーダーをと、大きく分けて2種類のオーダー方法から選べます。

第3位 メイコースポーツ

  • チームでユニフォームをつくるなら枚数によってお得になります

  • 3Dシュミレーターで簡単に見積もりが出せます

  • チームのロゴの取り入れや、マーキングもできます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

メイコースポーツに対するみんなの口コミ

かっこいいサッカーユニフォームが届きました。対応が丁寧でよかったです。こちらは候補のひとつだったのですが、値段やシュミレ...
ユニフォームが届いてテンションあがりました。これで気分はプロの選手です。…と息子が言っています。買う方としては、見積もり...
サイトで一番人気とあったカスタムオーダーのユニフォームを注文しました。オリジナルのものよりもブランドがいいと思ったからで...

自社製作だからこそできる技術です

メイコースポーツは、自社の工場で製作しています。だからこその迅速さ、安さ、クオリティを提供しています。

第4位 SFIDA XU

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

ユニフォームはバリエーションの多さで選ぶ

SFIDA XUは、カラー数もデザイン数も多いことが強みのサッカーユニフォームの作成サービスです。ユニフォームを思いどおりにつくりたい方に最適です。

第5位 アクオレ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

チームの想いをユニフォームで表現しよう

サッカーを楽しむ、みんなで勝ちたい、そんな想いをお揃いのサッカーユニフォームに込めることができます。また、ユニフォームには着れば意識が変わる、切り替えの役割もあります。

サッカーを始める最適な時期

ユニフォームのイラスト「サッカーユニフォームを着てプロとして生きたい」と思われる子どもは大勢います。

そう思った瞬間から、プロへの道程は始まっています。

始める時期は人によって違うと思いますが、早ければ早いほど良いというわけでもありません。練習にかける思いと姿勢の熱さで、上達に差が出てきます。

地元や学校のサッカークラブは、小学校低学年からの加入が推奨されていますが、相談次第では5,6歳からの加入ができるクラブもあります。身体が小学校低学年の子よりは育っていないので、ケガには注意が必要です。

遅い時期から始めた場合は、地道に練習をしましょう。前述したように、練習量と熱意で早く始めた人に追いつくことは十分にできます。

パスやシュートなどの基礎的な練習をすることはもちろん、マラソンや筋トレなどの身体をつくる練習も行いましょう。
あらゆるプレーをそつなくこなせる選手が、何か1つが際立っている選手よりも重宝される場合があります。

また、プロのサッカー選手の中には、元々サッカーではなく野球をやっていた選手やバレーをやっていた選手もいます。ベルギー代表のGKティボー・クルトワ選手はバレー一家に育ったようです。
別のスポーツからサッカーに転向することを、特別恐れる必要はありません。その時の経験がサッカーでのプレーに活かされることはあります。

「サッカーユニフォームを着てプロ選手になる」、これは誰でも目指せる目標です。

サッカーのユニフォームの選び方

ストライプのユニフォームサッカーをプレーするのに欠かせないユニフォーム。
ユニフォームを選ぶ際には、デザインだけでなく機能面の良さを加味した上で選ばなくてはなりません。

昨今は自身でオリジナルのサッカーユニフォームをシミュレーターで作成し、そのままサッカーユニフォームをオーダーすることができます。
また、使う素材についてよく考え、通気性や軽さなどもよく吟味してから作るようにしましょう。

地域のサッカークラブなどで使用する際は、大勢の子どもたちが使うことになるでしょうから、子どもたちの意見を取り入れながら作ると、子どもたちの士気も上がりそうです。

学生や社会人が使用する場合は、デザインの得意な方がいればその方がオリジナルでユニフォームをデザインしたりすると楽しそうです。たとえ、ユニフォームの外観全てをデザインできなくとも、エンブレム(ロゴ)だけ作るのでも愛着が沸いて良さそうです。

また、ユニフォームは同じデザインでも、あえてピタッとタイトに作られているものを好む方と、ゆったりと作られているものを好む方と分かれるので注意が必要です。

タイトに作られているものは、身体のラインが出やすいですが筋肉に自身のある方ならカッコよく着こなせるでしょう。

サッカーユニフォームは人気でメーカー毎で様々なものが販売されていますから、ぜひ吟味していただければと思います。

サッカーのルール

赤いユニフォーム当たり前ですが、サッカーは基本的に足を使って行うスポーツです。
ただ、頭や胸、腰など手さえ使わなければ、ボールを運ぶことも、シュートを決めることもできます。

ゴール前では唯一手を使えるGKが立ちはだかっています。
ゴールに迫るためには、ドリブルやパスを繋いでいくわけですが、その際には「オフサイド」と呼ばれる反則に注意しなくてはなりません。

オフサイドにはオフサイドラインというものがあり、こえはGKに一番近い選手を基準に引かれます。この線を抜け出してパスを受けるとその選手はオフサイドとなり、相手選手にボールを渡すことになります。

また他にも重要なルールとして、「アディショナルタイム(追加タイム)」というものがあります。これは日本ではロスタイムと呼ばれることが多かったものと同義です。

アディショナルタイムは試合の進行状況により、主審が判断してその分数を決めます。
試合が順調に進行していれば2,3分となりますが、負傷の治療や選手同士の衝突によって試合時間が空費されると4,5分になります。

延長戦やPK戦は、カップ戦(大会等)で前後半で同点状態だと突入するのが基本です。通常のリーグ戦では引き分けとなり、勝ち点はそれぞれ1点と1点になります。逆に勝てば勝ち点は3点、負ければ0点となります。

サッカーの歴史

緑のユニフォームサッカーの母国はイングランドです。
イングランドではサッカーのことをフットボールと呼び、これまでに多くの感動を生みながら成長を続けています。

1863年にFAと呼ばれるサッカーの公式協会が完成し、サッカーの試合を行うための競技規則を制定しました。
FAの設立以前にはパブリックスクールの代表者らがルールの統一を模索。
1846年にはケンブリッジ大学のH・デ・ウィントン氏とJ・C・スリング氏らが、大学ごとに成長を始めていたサッカーの統一ルールを制定しようと会合を開きます。
そうです、サッカーはイングランドの大学生らが生んだスポーツなのです。

この時に制定された統一ルールはケンブリッジ大学規約とも呼ばれ、後のFAが制定した競技規則の元となりました。

イングランドがサッカーの母国と呼ばれるのは、このような経緯があるためです。
そこからイングランドのサッカー史は100年以上の時を過ごしています。設立から100年を超えるクラブの存在は普通で、プレーレベルも非常に高いです。

なお、日本にサッカーが伝わったのは1873年の英国海軍の兵士たちが来日した際に、訓練の合間に日本海軍の兵士にサッカーを教えたのが最初と言われています。

そこから日本のサッカーも徐々に成長し、1993年にJリーグを成立。
多くの子どもが「プロになって憧れのクラブのユニフォームに袖を通したい」と夢を追いかけています。

▲ ページトップへ